×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安い,調べる,契約,見直し

最安値の自動車保険とは?

自動車保険は契約するあなたの環境や条件により異なります。
従って万人に適合する自動車保険が存在することはありません。
・・・ということは、万人に共通し、最安値である保険は存在しません。

 

しかし、あなたにとっての最良の自動車保険であり、最安値の保険を見つけることは可能です。

 

では、その方法を公開しますが、その前に自動車保険の薀蓄を・・・

 

自動車保険の知識

 

保険料金の低価格設定をであれば通販型自動車保険です。
テレビCMなどで盛んに放映している「ダイレクト自動車保険」も通販型自動車保険と同様です。

1996年から始まった金融ビッグバン(金融制度改革)により自動車保険も自由化が進み、
1997年にアメリカンホーム保険が日本ではじめてダイレクト自動車保険の販売を開始しました。

これにより、従来の代理店型自動車保険が主流の中、通販型自動車保険が誕生し、参入する保険会社が
急増しました。

 

代理店型自動車保険に比べ通販型自動車保険は保険料が安価に設定されていて代理店型自動車保険から
移行する方が年々増加しています。

 

 

2014年4月からの消費税8%に増税され、2015年10月から更に増税がほぼ決定されています。
更に2%の消費税が増税され10%になります。税金により生活は圧迫されてくる状況から通販型自動車保険への切り替え、
契約変更される方は更に増加されることが予想されています。

 

低価格設定の秘密

自動車保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」に区分けできます。

純保険料は・・・
契約者に対して保険金を支払うための原資です。

 

付加保険料は・・・
保険金の支払い以外に必要な、広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費などの会社の運営に充てられます。

つまり・・・
低料金設定を可能にしたのは付加保険料なのです。
通販型自動車保険は電話やインターネットで契約可能なため、店舗を持つ必要がなく、その経費や店舗運営に
伴う人件費、代理店手数料といったコストを抑えることができます。
このようなコスト削減により付加保険料を抑えて、割安な保険料を実現しているのが通販型自動車保険です。

 

では、主な通販型自動車保険会社を紹介します。

 

                                  
→  →  →  ソニー損害保険 / SBI損害保険 / アクサ損害保険 / チューリッヒ損害保険 / イーデザイン損害保険 / あいおいニッセイ同和損保 / アクサダイレクト / 朝日火災 / アメリカンホーム / イーデザイン損保 / セゾン自動車火災保険 / ソニー損保 / 損保ジャパン / チューリッヒ / 東京海上日動 / AIU / 富士火災 / 三井住友海上 / 三井ダイレクト損保 / 日本興亜損保 / エース保険 / セコム損保 / ゼネラリ / 全労済 / 共栄火災 / そんぽ24 / 日新火災・・・・・

 

・・・と、大手有名保険会社を紹介しましたが、中小含めると一角に過ぎません。その大多数の中からあなたの条件に
ぴったり合う保障内容で尚且つ、安い保険料の会社を探すのは至難の業です。

 

そこでインターネットを駆使し、無料一括見積もりサービスを利用し、最短で最適な自動車保険に辿り着ける方法です。

 

無料一括見積もりサービスはネット上に複数存在しますが、人気の高い「保険スクエアbang!」を紹介します。
保険スクエアbang!』では最大20社の自動車保険を比較可能で、一括見積もり依頼も可能です。

 

                        

 

 

 

 

                        

 

 

 

                        

 

 

                        

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】